看護師の仕事は大変ながら魅力も満載

看護師の仕事にはどんな魅力がある?

看護師は、女性にとって非常に人気が高い仕事です。看護師パートの求人サイトで仕事を探しやすいこともあり、仕事が見つからないという悩みとも無縁です。小さい女の子の憧れの職業としても紹介されることが多い仕事なのですが、どういった点が魅力なのでしょうか。
准看護師求人-平均的な給与について

大きな魅力として挙げられることが多いのが、患者さんの役に立つことができるという点です。 看護師は、医師にとっても患者さんにとってもなくてはならない存在ですよね。 病気や怪我を抱えている患者さんは、とても精神的に不安な状況になっています。 それをサポートしてあげる仕事でもあるため、感謝されることも多いです。

確かに仕事の内容はハードになってしまうこともありますが、感謝をされることで疲れも忘れてしまうという人が多いです。 人の役に立てる仕事、人から感謝される仕事に就きたいと思っている人には非常に向いている仕事だと言えるでしょう。

それから、スキルアップの道がたくさん用意されている資格だということも魅力です。 例えば、看護師資格を持っているのであれば、看護師として働く以外にも助産師として働く選択肢があります。

看護師の資格を活かして働ける現場は他にもたくさんあるので、様々な仕事を経験したいと思っている人にも向いている資格です。 また、なんといっても一生役に立つ資格であることは間違いありません。 医療や病気に関する知識は、私生活でも役に立ちますよね。 親戚などから頼りにされることも多いでしょう。

それに、女性は結婚や出産によって職場から離れることが多いですが、看護師資格があれば例えブランクがあったとしても就職しやすいという魅力があります。 仮に数年間育児に打ち込んでブランクがあったとしても、喜んで採用してくれる企業が多いのです。

人の命を救う仕事といえば医師を想像する人も多いかもしれませんが、看護師がいなければ医師もその力を発揮することができません。 人の命に関わる仕事ということもあり、達成感ややりがいも感じられる仕事です。 転勤の多い男性と結婚をした場合などにも役立てることができるでしょう。


看護師から保健の先生になる

看護師の活躍の場は病院だけではありません。 高齢化が進んできたこともあり、デイサービスや介護施設で活躍する人も増えてきています。 それから、看護師資格を取得した人の中には学校で保健室の先生として活躍している人もいます。

保健室の先生といえば養護教諭を指すことが多いのですが、主な仕事内容は生徒の怪我の応急処置などです。 部活動や体育の際に怪我をしてしまった子供の対応をする仕事だと理解すれば分かりやすいでしょう。

養護教諭といえば女性が多いですが、男性は養護教諭になることができないというわけではありません。 気になるのが、看護師資格だけで養護教諭になることができるのかという点ですよね。

養護教諭になるためには、養護教諭免許が必要です。 看護師の資格を持っている人の場合、養護教諭免許を取得するためには養護教諭特別別科に入学するか、養護教諭養成課程のある大学に編入する必要があります。 ただ、どちらの場合も時間とお金がかかってしまうだけでなく、倍率が非常に高いです。 学校に入れば、必ずしも保健室の先生になることができるわけではないのです。

看護師資格のみで働きたいと思った場合、私立学校や大学の保健室を選択するという方法があります。 こちらならば、養護教諭の免許が必要ないため、看護師資格のみで挑戦することができます。

先に紹介した方法では養護教諭免許を取得するという大きな難関を突破しなければなりませんが、こちらの方法は採用試験と面接に受かれば採用してもらうことができる方法なので、こちらから挑戦してみるといいでしょう。

それに、養護教諭免許を取得するのに比べてお金もかからないというのも魅力です。 ただ、求人情報の数は多くありません。 希望者が多いということもあり倍率も高めになっているので、求人情報は常にチェックしておく必要があります。

大学や私立学校で保健室の先生になりたいと思っている人は多いのですが、求人は非公開求人となることが多いので、看護師の転職支援サイトに登録して情報を収集したほうがいいです。