保健室の先生として働く

保健室の先生として働く

小さい頃に学校の保健室の先生にお世話になり、自分も保健室の先生になりたいと思ったことがある人もいるでしょう。一口に保健室といっても、学校の他、企業や保育園など、様々なところに設置されていますよね。

保健室で働く場合、具合が悪いと保健室を訪れた生徒や職員、企業であれば社員に対して適切な処置ができる知識や経験が求められます。また、企業の保健室で働く場合、仕事上で怪我をする可能性がある場所や場面を想定し、危険な事態を避けることができるよう事前に対処を考えるというのも保健室で働く看護師の仕事です。

それと企業や学校では、健康な身体作りのためにイベントを行うところもありますよね。例えば、社員の健康対策に力を入れている企業の中には、保健室で働く看護師が主体となって健康な身体作りのためのイベントを行っているところもあります。

健康指導も保健室で働く看護師の大切な仕事なるため、社員や生徒から頼られる場面も多いでしょう。そのため、やりがいを持って仕事に取り組むことができるはずです。

ただ、学校の保健室の先生を想像してもわかるように、各学校や企業において保健室の看護師はそれほど数が多くありません。少ない人数で大勢の健康管理をしなければならないので、職場によっては責任を強く感じてしまうこともあるかもしれませんね。

保健室の魅力として挙げられるのが、病院などで働くのに比べると穏やかな環境の中で働くことができるという点です。毎日忙しく走り回るような仕事ではなく、デスクワークが多くなるということもあり、病院勤務に疲れた看護師からも人気がある仕事だと言えるでしょう。

夜勤もないため、病院で働く場合には実現できなかった「日勤のみ」という働き方も選択できます。

大手企業の中には、保健室の看護師でも一般社員として採用しているところも多いので、勤続年数や働きに応じては、大きな昇給も夢ではありません。キャリアアップを目指しているという人も、大手企業に就職できるよう努力してみてはどうでしょうか。