企業内医務室という仕事について

企業内医務室という仕事について

企業内医務室とは、会社などに設置されている保健室のことです。大きな企業の場合、たくさんの看護師が企業内医務室で働くことも珍しくありません。

企業内医務室には看護師以外にも産業医や保健師、臨床心理士などが配置されることが多いため、看護師以外の職業の人とも触れ合うきっかけになるでしょう。

企業内医務室で働く場合、看護師はどのような仕事を担当することになるのかというと、企業で働く社員の衛生管理や健康管理に関する仕事を行うのが一般的です。職業によっては怪我が多いところもありますが、仕事中に負った怪我の手当や病気の治療、毛脳相談などを担当することになるでしょう。

企業内医務室で働く場合、企業看護師、または産業保健師と呼ばれることになります。どのような仕事を担当することになるかというのは企業によって大きく異なるため、まずは求人情報をよく確認して自分ができる仕事であるかどうか判断するところから始めましょう。

近年は、メンタルヘルス対策なども企業内医務室が行うことが増えてきました。他にも、作業環境の管理などを担当することもあるので、仕事の内容は多岐に渡ります。

看護師としての知識以外にも身に付けておかなければならない知識があるので、企業内医務室として働きたいと思っているのであれば、看護師としての勤務年数を積むだけでなく、メンタルケアなどに関する専門的な勉強もしておく必要がありますね。

ただ、全ての企業において実績のある看護師しか採用していないというわけではなく、未経験からの採用を行っているところもたくさんあります。一般的な求人サイトにはなかなか求人情報が出てこないため、企業内医務室として働きたいと思っているのであれば看護師専門の転職サイトに登録しておいたほうがいいでしょう。

看護師専門転職サイトの非公開求人として、極稀に企業内医務室の求人情報が出てくることがあります。企業内医務室として働きたいと思っている人は多いので、求人情報が発表されたら早めに応募するのがおすすめです。